Take one's hat off と脱帽 ~英語と日本語の奇妙な一致~

脱帽とは呼んで字のごとく、帽子を脱ぐという意味がありますが、
その他にも

「相手に敬意を示す」
「参りました、完敗しましたという気持ちを表する」

などの意味があります。

帽子を脱いでお辞儀をしている様子を思い浮かべると何となく意味が伝わってきますよね。

では、それを英語でどのように表現するかというと、

Take one’s hat off to ~ 
~に敬意を表する
~には頭がさがる

になるんです。

One’sはmyとかhisとかの所有格が入り、~には人の名前やhim, her, themなどの目的格が入ります。

例をあげてみましょう。

I had to take my hat off to him for what he has done for the company.
彼の会社への貢献には頭が下がるばかりだった。

We took our hats off to her for her effort.
彼女の努力に感心しました。


日本語の意味と英語を見て気が付いた方もおられるかと思いますが、直訳かと思うほど表現がそっくりですよね。
(take offは脱ぐですのでtake my hat offはまさに脱帽ですね。)

このように日本語と英語が一致することが稀にあるんです。

日本語の語源については詳しくないので何故ここまで表現が似通っているのかは分かりませんが、もしかしたら遠い昔に語源を同じくしている、もしくは帽子って日本古来というよりかはどことなく海外な感じもしますし、英語を訳したものが日本語として定着したのかもしれませんね。

気になる方は是非調べてみてください(無責任ですみません)

今回はこの辺で。

この記事へのコメント