Do-Re-Mi(ドレミの歌)英語の歌詞~可哀想な「ラ」~

ド  はドーナツのド~♪
レ  はレモンのレ~♪
ミ  は…

と、いきなり歌詞からの書き出しですが、そう、これは言わずと知れたドレミの歌の歌詞ですね。

この歌は元々Sound of Musicというミュージカル映画に出てくる歌ですが、
ペギー葉山さんという歌手が日本語で歌ったことで一気に日本で広まったらしいです。

そして、その日本語の歌詞も同じくペギー葉山さんによって書かれたものらしいのですが、
オリジナルのそれとは無関係の歌詞であるため英語の内容は全くと言っていいほど違うんです。

何かのテレビ番組で観た記憶があるのですが、葉山さんは当初歌詞をすべて食べ物で統一するつもりだったらしいです。
しかし、「ファ」から始まる食べ物を探したあげく、結局見つからなかったため断念し、現在の歌詞になったようです。
余談でした。

今回はそんな英語の歌詞の内容を一つずつ見ていきましょう。

歌詞と日本語訳を下に書きました。

あ、その前に注釈ですが、

英語ではドレミファソラシドではなく、

Do Re Mi Fa So La Ti Do (ドレミファソラティド)です。

それでは、どうぞ。

1.ドレミの歌の和訳




Do-Re-Mi(ドレミの歌)

Do(Doe), a deer, a female deer
ド(Doe)は鹿、牝鹿

Re(Ray), a drop of golden sun
レ(Ray=光線)は黄金に輝く太陽の雫

Mi(Me), a name I call myself
ミ(Me)は自分の呼び名

Fa(Far), a long, long way to run
ファ(Far=遠い)は長い、長い道のり

So(Sew), a needle pulling thread
ソ(Sew=縫う)は糸を引っ張る針

La, a note to follow So
ラはソに続く音

Ti(Tea), a drink with jam and bread
ティ(Tea)はジャムとパンを一緒にいただく飲み物

That will bring us back to Do!
ドに戻りましょう。


以上がオリジナル版の歌詞と日本語訳です。

どうでしょうか。

日本語の歌詞は「ーナツの」みたいに最初の文字が音符と同じ単語であるのに対し、
英語版は音符そのものを、その発音に近い英単語に置き換えているのがわかります。

歌詞の内容はカスリもしないですが、作詞の方法は何となく英語版にインスパイアされてるような気がします。


2.可哀そうなラ



ただ、名曲に大変失礼なのは重々承知なのですが、これだけは言わずにはいられません。

」の歌詞の手抜き感のハンパなさ…

いくら何でもソに続く音~♪ってあんまりでは、、?

Laの発音に近い英単語が見つからなかったのでしょうか、、、。

Do(ド)をDoe(ドウ)とかRe(レ)をRay(レイ)にする強引さをLaにも見せて欲しかった。
ラが不憫で仕方ありません。

もし、あなたが「ラ」だとしたらどうでしょう?
「自分にはどんな歌詞をつけてくれるのかなぁ。楽しみだなぁ」

そして蓋を開けてみたら「ソの次の音」って。。。
「なぜ自分だけこんな目に、、。厳密にはソの次の音はソ♯(ラ♭)だし。」ってなりませんか?

私がもし「」だったら
  即Do-Re-Miグループを脱退します。

 「俺はただの人数合わせだったのかよぉぉぉ!!」って荒れます。

  酒に逃げる事でしょう。

 「ソ」に個人的な恨みはなくてもおそらく嫌いになります。

  アイツにあって自分にはないものは何なんだ?と悩むでしょう。

これからも「ラ」には本当に頑張って欲しいものです。

Law(法律)なんて良い線行ってると思いますがねぇ。
LaとLoの中間的な音ですし。
ん~でもやっぱりLoの印象のほうが少し強かったのかな。

まぁ、でもこの抜けてる感じもまたこの歌の良さ、、、なのでしょう。きっと。

果たして葉山さんはこの英語版「ラ」の歌詞の意味をを知っていたのかが気になります。
もしこれがありなら「ファはミに続く音~♪」にしてそれ以外の音符を食べ物に揃えることもあるいはできたかもしれませんね。

一つ余談ですが、英語の歌詞の特徴について少しお話しすると、
英語の歌詞はたいていを踏むように書かれています。

ところが、このドレミの歌はまったくと言っていいほど韻を踏んでいません。
(韻を踏んでいる英語の歌についてはABCDEFG~♪HIJKえれめのぴー?Humpty Dumpty (ハンプティダンプティ)を是非ご覧ください。)

ドレミファソラシドに似た音の単語を見つけ、さらにその単語の意味の説明しながら韻まで踏むのはさすがに無理があったのでしょうか。

ミュージカルやオペラでは劇中に沢山の歌が歌われますが、歌はセリフのようなものですのでそこまで全てに韻を踏むことにはこだわっていないのかもしれませんね。

それでは。


合わせてチェックしたい記事
Why haven't I told you. Oh, Baby ~マツコの知らない世界~


この記事へのコメント

  • 日本語版の2番の歌詞のラもランラ ランランランランですしね。
    2018年07月30日 14:24
  • 180Blog

    日本語の歌詞に2番ってあったんですね!
    知らなかったです。
    2018年07月30日 17:18