What's up? の意味は? どう返せばいいの?

What's up?とは何でしょうか。

それは What is up? の短縮形ですが、
「何がup(起こる)しているの?」つまり「何が起こっているの?」という現在の状況などを問う文です。

そこから派生して大きく分けて2つ、、、ないしは3つの使い分けがあります。
今回はそんな What's up? について見ていきましょう。

一つ目は、親しい間柄で交わされる軽い挨拶のようなものです。
若者が良く使っていて

何してるの?
なんか変わったことはあったかい?
最近どう?


みたいな意味合いを持っています。

同時に以下の英文も覚えておくと便利です。
What's up? と同様な使い方をされます。

What are you up to?
何してるの?
 
What's new?
最近どう、何か新しい事あった?

What's happening?
何が起きているの(つまり、何をしてるの?と意訳します)

こんなふうに相手の近況を尋ねる時に使える大変便利な一言なんですね。

ただ

What's up?と言ってきた相手は別に本当にあなたが何をかしているのか、どんな予定があるのか、最近変わった事はあるのかに興味があるわけではないんです。

え?質問しておいて、答えを聞きたくない?と思ったかもしれませんが、

冒頭でも述べたように相手は気軽に挨拶を交わしたいだけなので特に詳しい説明を求めているわけではないのでこちらもする必要は全くありません。

なんだったら、

A: What's up? man.

B: Hey~! What's up?


みたいにWhat's up?に対してWhat's up?返しをしても全然かまいません、
というか普通です。

質問に何も答えてなくないですか?っと思うかもしれませんが、
HiとかHelloに近いニュアンスで使われている感じなので問題ありません。
というか、、、、、普通です。

What's up?以外の返答の仕方も当然ありますのでいくつかご紹介しましょう。

Nothing much(Not much).
特に変わった事はないよ。

Just the usual.
いつも通りだね。

Same old, same old.
いつもと同じで退屈さ。

これは挨拶の一連の流れのなかで行われるやり取りでなので特に何も考えずに上のどれかを答えれるだけでOK。

相手もそれ以上の返答を望みません。
(もし、その時に何か特別な事をしていたり、特別な予定があればそれを伝えてもOKですよ。)

もし相手がちょっと長めの会話を求めているようであれば大抵の場合はWhat's up?の後に「何してんの?」とか「調子どう?」などを追加で聞いてきます。

例えば、

A: What's up?
   よっ!

B: sup! (What'sup?が短く発音されるとこうなります。)
   うす!

A: Haven't seen ya for a while. How (have) you been?
   しばらく見なかったけどさ、元気だった?

B: Well, I've been busy at work, but good! (How about) you?
   ん~、仕事で忙しくしていたけど、元気かな。そっちは?


また、次の例文みたいに軽い挨拶の後に来る What'sup? は What are you up to? / What are you doing? みたいに「何してんの~?」ととらえていい場合が多いです。

A: Hey, dude?
   うぃ~す。

B: Hey man.
   よぅ。

A: What's up?
   何してんの?

B: Nothing much. Just browsing the net.
   別に、、。(携帯で)ちょっとネットをみてるだけさ。


ここで注意していただきたい点が一つ。

始めにWhat's up?の主な意味をあげましたが、これにはHow are you? の意味はありませんでしたね。

そうです。What's up?はHow are you?ではないんです。

ところが経験上、日本人を含め留学生の方達の間でよく見かける間違いが以下です。

A : Hey, What's up?

B : I'm good/I'm fine.


これは「何してるの?」「なんか最近変わった事あった?」に対して「I'm good」と答えていることになりますので意味が通じてないですよね。

別に挨拶的なノリだし、fineとかgoodと言ったところで特に変な反応をされるわけでもなく、
そのまま流されるケースがほとんどですが、やっぱりどうせなら正しく使いたいですよね?

なのでI'm good という返答は会話のやり取りが成立していないということを押さえておいてくださいね。

あ、ちなみにですが、How are you? の返しに I'm fine は実はそこまでよく使われません。
I'm goodの方が主流です。

fineでも間違ってはいませんが、なんか日本人が思っているほど「元気です!」感は無いんですよね。なので通常はgoodとかI'm goodと返事をします。
(詳しくはI'm fine. は「元気です」じゃない?をご覧ください。)


そうそう、このWhat's up?はとてもカジュアルなのでよっぽど親しいわけでない場合は目上の方には使わないよう気をつけてくださいね。

上司に「よう!」なんて絶対言わないですよね。
いくらアメリカがフランクだからといってある程度の礼儀だって必要です。


さて、次へ行きましょうか。

二つ目のWhat's up?は、What's wrong? (どうしたの?)と同じ使い方をします。

例えば、友達が神妙な面持ちで

Can I talk to you for a sec?
ちょっと話せるかな

なんて言ってきたら、

Sure. What's up?
いいよ。どうしたの。

なんて返す事ができます。


三つ目は相手の話を聞き逃した時に、え、何ていったの?って聞き返すときに使います。

What did you say?

What was that?

Huh?

I'm sorry?


などと同じ意味ですね。

それでは。

この記事へのコメント